読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世のお母さんたちが絶対に使いたくないトイレがこちら→その理由に共感の声続々!

f:id:willcomcom333chang:20170309050307j:image

世のお母さんたちが絶対に使いたくないトイレがこちら→その理由に共感の声続々!
ママの外出
小さな子供を連れての外出は大変です。
ミルクを離れた子どもでも湯冷ましにおやつ、
粗相をした時のおむつや変えパンツなど、荷物も多くて大きなママさんバッグでもいっぱいの状態です。
ちょっと駅近のデパートへお買い物に行く時でも終始目は離せないし、いろいろと気を使いますね。
そんな時、急に用を足したくなったら困りものです。
子どもを置いて自分だけ個室に入るわけにも行きません。
このトイレが、ママたちが外出嫌いになる要因の一つとも言えるかもしれません。
最近はそういう場合に備えて、女性用のトイレにはベビーチェアがあるトイレが増えてきました。
これがあれば子どもをそのベビーチェアに座らせて、ゆっくりママも用をたすことができますね。
しかし、それで問題解決という訳にはいかなかったのです。
一体どんな問題があったのでしょう。
気になる方は次のページをご覧ください。
絶対使いたくないトイレ
ベビーチェア付きのトイレは、小さな子どもを持つママにとってありがたい存在のはずですが、
ママたちから「絶対に使いたくないトイレ」と言われてしまったベビーチェア付きのトイレがあります。
それがこの写真のトイレです。どこにでもある普通のトイレですね。
ママたちがそこまで嫌ってしまったのは、どこの部分なのでしょうか?
ボタンの位置
ママたちに嫌われてしまった理由は、緊急呼び出しボタンの位置にありました。
ベビーチェアと緊急呼び出しボタンの位置が近すぎるのです。
これだとベビーチェアに座った子どもが、手を伸ばしてボタンを押してしまいそうです。
なんでも触りたがるのが子どもです。
バスに乗っても、『降りるボタン』を押したがって騒いでいる子どもをよく目にするでしょう。
この緊急呼び出しボタン、ちょうどバスの降車ボタンのように見えませんか?
子どもが誤って押すことは十分考えられることですね。
「万が一ボタンを押してしまったら…」と思うとママは気が気ではありません。
多目的トイレに設置されている開閉ボタンも、ベビーチェアに近いということがあるようです。
せっかく使う人のことを思って設置したベビーチェアです。
もう少しベビーチェアと呼び出しボタンの位置を考えて、
ママが安心してトイレを利用できるようにしてあげたいものですね。